製品案内
用途別事例
サポート
会社案内
お問い合わせ
Language : 
HOME > 製品案内 > スーパーエアヒーター > スーパーエアヒーター SEN(センサー内蔵型)
スーパーエアヒーター SEN(センサー内蔵型)
  • 特長
  • 用途
  • 仕様
SEN 写真

スーパーエアヒーターSENは、ヒーター先端にセンサーが内蔵(特許取得済み)されており、ヒーター吹出部分での精密な温度管理が行えます。
また、ホームページ記載の仕様以外にも、お客様のご要望に合わせて定格値、吹出口形状を変更しての製造が可能です。

特長

スーパーエアヒーター SEN(センサー内蔵型)の特長は以下の通りです。

  • センサ内蔵(特許取得済)により熱風の温度が正確に管理できます。
  • ガラス管外にセンサ穴や線部材がないため、ヒーター全体がすっきりし、センサ線は後部にしっかり固定されています。
結線

ヒーターに使用している温度センサはK熱電対(CA)で 熱電対素線径Φ1.0です。+脚は赤色、-脚は青色で表示しています。

主な使用用途

  • ハンダ付けの予備加熱、本加熱(特に鉛フリーハンダにおいては、予備加熱が有効)
  • 樹脂のバリ取り、切断、曲げ加工
  • 接着剤、インク、塗装の乾燥
  • 巻線コイルの曲げ加工
  • ガラス加工(ccflの乾燥及びかしめ)
  • 太陽電池パネルハンダ付け用途
  • その他、部分加熱用途

温度測定

■温度測定条件

使用ヒーター SEN100V-350W-AS LL
SEN200V-650W-AS
温度測定場所 ヒーター吹出し口から5mmの位置をK熱電対で測定。
エアー流量 SEN100V-350W-AS LL(10L/min)
SEN200V-650W-AS(25L/min)

※下記データーは、当社製デジタル温度調節器(DAC-8D)との組合せによるものです。

温度測定グラフ

動画

製品写真

製品写真01
製品写真02
製品写真03